<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ミニ掲示板。[ 連絡板]
Twitter
にほんブログ村
Youtube音楽PV邦楽編


presented by Youtube音楽PV

プロフィール
新着エントリー
コメント
携帯
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ディスクシステム活用術。 (5)

これまで、自分なりに格闘しながら色々してきましたが、

実は、FDSstickで遊ぶ事が最終目的ではありません。電球




最終の目的は、
レトロフリークで、ディスクシステムのゲームを遊ぶです。テゴシマーク





いままでの段階で、ソフトのデーターはばっちりのはず。


で、ディスクシステムのゲームを遊ぶのに、あと足らないのは。



BIOS    BIOS 1   BIOS 2


BIOSとは、
ディスクゲームのディスクを制御するソフトウエアーです。
PSやGC,Wii、とかCD、DVDROMを使ったゲーム機はBIOSが必要です。


ディスクシステムの場合。下の動画のような部分の事です。



実はレトロフリーク、以前はBIOS読み込み出来たらしいのですが、


こちらサイトの情報にもありますが。


読み込みましたと、表示はするのですが、使えないようです。
実際、自分もやってみましたが、使えませんでした。。。
_| ̄|○

もしかして、こちらの情報のように、初期型無理?





こんな情報が出るのは、一応理由がありまして。



ファミコンや、スーファミ、メガドラ、PCエンジンなど、
カセットで動くゲーム著作権年数は、
ハードウエアの扱いなので、20年。

すでに、切れてるのですが。(ちなみにN64も今年切れます)

ただ、BIOSソフトウエアの扱いなので、50年。

という事で、メーカーが解放してくれない限りまだまだ先。。。




BIOS解放で有名なのは、
何かと今話題の
SHARPX6800が有名ですが、
ほかのメーカーでそういう事をしたのは、後にはありません。

ディスクシステムのゲームもバーチャーコンソール(VC)
の関係もあるし、難しいかな?
汗





とにかく、吸出ししてくれないのなら、
自力で吸い出すのみ。
電球




つづき〜
 ↓
 

で、BIOSを吸い出す方法が2種類ある事を見つけました。



1つ目はkazzoという吸出しハードを使う方法。
 

kazzoは自作出来るほどシンプルな構造らしいのですが、

 
市販でも、FC Dumperという名前で売ってます。

FC Dunmper 1

FC Dunmper 2 ←基盤むき出しなのもなんなので簡易カバー制作。

設定方法など、こちらのブログを参考にさせてもらいました。
ありがとうございました。

こちらのブログにも書かれているのですが、
使用するパソコンは、Windows7あたりが、良いようです。

自分も、Windows10にドライバーを入れる時点で、
「INF にデジタル署名情報が無い」の警告がでて無理でした。

もしかしたら、この方法を使えば可能かもしれませんが、
ややこしすぎなので、Windows10の方はあきらめました。汗

で、RAMアダプターさして、吸いだし。
FC Dunmper 3

吸出しのソフトの設定は、

こちらのブログを参考にさせてもらいました。

で、設定を次のように設定

ダンパー1
そうすると、32Kのromファイルが出来るので。

バイナリエディタを使って
アドレス最初の“00000000”から“00006000”までのデータを
削除したら、8KBのBIOSデーターになりました。

これをレトロフリークのBIOSフォルダーに入れたら起動。ヤッタv
一応、使えてます。笑

どこか間違ってたら、指摘お願いします。




で、
2つ目が、Tape Dump(FDS版)というソフトを
使って吸い出す方法です。

詳しい方法は、
こちらのブログを参考にさせてもらいました。

QDCの代わりに、
FDSStickを使ってソフトのディスクを
作る事が違うだけです。

あとは、紹介されてる方法と同じ方法で行います。

この方法も、
残念ながら、Windows7以前の
パソコンじゃないと無理なようです。

音声の吸出しは、
Windows10で出来ますが、
音声から、データー切り出しが古いソフトの為無理のようです。

Tape Dump4

Tape Dumpの周波数を選び、録音。

Tape Dump1 Tape Dump3 Tape Dump2

余談ですが、PCの録音設定で「聞く」に設定しないと、
PCのスピーカーから音が出ないで注意。

音声1 音声2 音声3


録音の感じは、次の動画のような感じです。



なんか、いろいろモードがあるようですが、なんだか解かりません。笑
まあ、BIOS吸出しには不必要ですが。

※ ファミコンカセットを吸い出す時のマッパーの選択みたいですね。

BIOS吸出しには、初期に表示される「0 NROM」のまま動作させます。


この方法、動画を見れば解かると思いますが、
FAXのピーガ〜〜の転送と同じ方法でデーターを吸い出すという、
なんともアナログな方法です。

でもかえって、そんな方法で出来るんだと逆に驚きます。エリザベス

で、吸い出した音声データーから、BIOSデーターを抽出

切り出し1
           

切り出し2

これで、BIOSが吸出し出来ました。ヤッタvピース




次回は、ついに、レトロフリークで遊ぶです。

今回、色々なブログなどの情報を活用させてもらいました。
本当にありがとうございます。

いや〜、つくづく便利な世の中になったな〜と思います。
感謝、感謝です。お願い









JUGEMテーマ:なつゲー/レゲーのおもひで


 

<< ディスクシステム活用術。 (4) | main | ディスクシステム活用術。 (6) >>
スポンサーサイト


初めまして!ホームページ参考にさせてもらってます!ところで、すいだいしたファイルはnesファイルになってしまうのですがよろしいのでしょうか?
| ポポ | 2016/11/22 10:58 PM |

kazzo (FC Dumper) での吸出しですか?

レトロフリークで使用する為には、 disksys.rom にリネームしないと使えません。

kazzo (FC Dumper) は元々ファミコンカセットの吸出しなので。拡張子が nes にかってになります。

正常に吸い出し出来ていればリネームして使えるはずです。
| Take !! | 2016/12/07 1:52 AM |

レトフリがV2.5になって、ディスクシステムにサポート外ながら対応になってます。ラムアダプターもいけるようになったみたいです

問題はディスクカードをどうにか…
| MJ | 2017/03/31 7:32 AM |

【コメントする】










この記事のトラックバックURL
http://mattrislowlif.jugem.jp/trackback/496