<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
ミニ掲示板。[ 連絡板]
Twitter
にほんブログ村
Youtube音楽PV邦楽編


presented by Youtube音楽PV

プロフィール
新着エントリー
コメント
携帯
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ディスクシステム活用術。 (4)
ディスクシステムソフトの結合。


読みだした両面ディスクのソフトをFDSstickで遊べるようにするのには、




自分は、オールドゲーム ROM研究 の。 

ROM Checker というソフトと。

FDS Study というソフトを使って結合させました。 ニコッ手
※ サイトの中盤に紹介されてます。




2つも要らないのかもしれませんが、汗
自分はこの2つ両方つかってようやく結合出来ました。

実は、この記事の本当の最終目的の為にも、この2つがあった方が便利かなと。電球
その最終目的はそのうちに。テゴシマーク






で、自分がやった方法を手順を追って説明します。




まず、ROM Checkerというソフトは、読みだしたソフトが
正常に読み込めたか?チェックしてくれる便利なソフトです。



読みだしたメトロイドのデーターをチェックしてみます。

まずA面


メトロイドA
B面

メトロイドB
メトロイドのデーター表示はしますが、まだ分割されたままなので、
データーベースと一致はしません



で、ROM Checkerその他の場所に
2枚組ディスクの結合/分割というモード、


結合

結合しようと試したのですがダメで。

 


FDS Studyにもディスク統合の機能があるのですが、
結合5
         
結合6
      ↓
結合7
FDSファイルじゃありませんと出て。結合出来ず。。。






つづき〜
 ↓

 

FDSファイルは、色々種類があるらしく、

エミュレーターで使うには、ヘッダ付けないとだめなんだろうか?ふふっ。


こちらの方のブログを拝見させてもらうと、
やっぱりヘッダが必要なようだ。

バイナリーソフトで付けるって書いてあるけど、どうするんだろ?

ヘッダの情報検索しても、さっぱり。。




でも、ROM Checkerは自動でヘッダ付けてくれるっぽい。

A面にヘッダを付けて、

ヘッダA
B面にもヘッダ付けて。
ヘッダB

さあ、結合。

ヘッダ NG
なぜじゃ〜〜〜。

でも、FDS Studyで結合すると。結合出来た。ハートヤッタvハート



ROM Checkerでデータでデーターチェックしてみると。
完了

データー一致。と、いう具合でやっと完了。ニコッ笑





これで、やっと。データ作り完了。

このデーターをFDSstickに入れれば遊べます。手





これで、ソフトのデーターはばっちり。

次回は、本当の目的の為のもう1つの難関を。


では、次回、のちほど。テゴシマーク







JUGEMテーマ:なつゲー/レゲーのおもひで




 

<< ディスクシステム活用術。 (2) | main | ディスクシステム活用術。 (5) >>
スポンサーサイト


【コメントする】










この記事のトラックバックURL
http://mattrislowlif.jugem.jp/trackback/495