<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ミニ掲示板。[ 連絡板]
Twitter
にほんブログ村
Youtube音楽PV邦楽編


presented by Youtube音楽PV

プロフィール
新着エントリー
コメント
携帯
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ディスクシステム活用術。 (1)
- ディスクシステムのベルト交換。-




ファミコンのディスクシステムのゲーム 

ファミコン発売から30周年を越え、

1986年2月21日に発売された、ディスクシステムも、

今年、2016年で、発売30周年。ケーキ

ディスクシステム箱 ディスクシステム箱 横

ディスクシステム自体が、磁気媒体である為、
もうそろそろなんとかしないと。消え去るのみ。。。0口0


というか、よく消えずに意外と残ってるもんだな〜。
なんでだろ?


ディスクシステム自体の元媒体の、
MITSUMIクイックディスク (Quick Disk)」が、
完全アナログ方式的な記録方法だからだろうか???

それはさておき、

ゲームが消える前に、ある目的活用の為に、第一段階。電球




自分。 ファミコンディスクシステムのゲーム機は、


 RAMアダプターとディスクシステム本体セットの いわゆる。 

  「ディスクシステム」と、

本体 RAMアダプター

 SHARPの ツインファミコン (twin famicom) の2台所持。

ツインファミコン箱 ディスクシステム箱 横

過去に何度か修理したりしてるが、今回も1台空回り。
もう1台は、ゲームによっては、読み込みエラー出たり出なかったり

また、ベルトが伸びてきてるんだろうな〜。て事で。

ベルトの交換修理実行。


つづき〜
 ↓
 


実は、ディスクシステムのベルト。

任天堂の公式の交換ベルト数本実は持ってます。

昔、ディスクシステムを修理に出した時に。
「ベルトがよく伸びて動かなくなるので」
ベルトの換えが欲しいと書いて修理に出したら。付けてきてくれました。ヤッタv手

それがこちら、
 ↓
純正ベルト

発売からかなり経っていて、修理終了間際だったからだろうか??

実は、任天堂。ディスクシステムのサポートを、
ディスクカードの書き換えサービスは2003年9月
ディスクシステム本体の修理は2007年10月までやっていたんです。
この辺は、さすが任天堂。



ベルト、もらってから、かなり経ってるけど、まだまだ使えそうだが、
そろそろ心配なのと、ネットで話題になってる、代用ベルト

モビロンバンド も使ってやってみようと購入。

モビロン
自分が買ったのは、幅:3mm×厚み:0.3mm 折径:90mmのやつです。

詳しい情報などは、この方が紹介されてます。

ゲームサイトの交換ベルトの中には、これをバラ売りしてるのもあるとか?

今回は、公式のと、モビロン。交換して持ちがどうなのか?
1台づつ別々に交換してみた。

ベルト交換-1 ベルト交換-2 ベルト交換-3
ベルト交換-5 ベルト交換-6 ベルト交換-4
ベルト交換-7 ベルト交換-8 ベルト交換-9




交換の方法などは、色々な方々が実践紹介されてます。

紹介ブログ 紹介ブログ 紹介ブログ 

ニコニコ動画でも、詳しく説明されてる方もいらっしゃいます。
※ ニコ動登録されてない方はこちらから。

私も、それらの内容を色々読ませてもらって参考にさせてもらってます。
先人達に感謝です。 ハートお願いハート





モビロンバンド。今回交換してみて、

折径:90mm 見た目はかなり純正に比べて小さい感じです。汗

大丈夫なのかな〜と思って交換しましたが、結構伸びがよく、
それほどテンションもきつく掛かってるわけでもなく、

引っ張ると厚み薄くなるんじゃ?と思ってたがそうでもなく、
まあまあ、快適に動作してるようです。

伸びるバンドなので、このぐらい引っ張った方がいいのかな?テゴシマーク

とにかく、これで実機本体の修理は完了。ヤッタvピース





次は例の物を使えるように、予備部品を制作。
   ↓
FDSstick

こいつの正体は、ディスクシステム活用術。(2)で、
ではでは、また。ニコッ




JUGEMテーマ:なつゲー/レゲーのおもひで



 

<< 明けまして おめでとうございます。<(_ _)> | main | ディスクシステム活用術。 (2) >>
スポンサーサイト


【コメントする】










この記事のトラックバックURL
http://mattrislowlif.jugem.jp/trackback/492